www.mdbzaragoza.com

FX(外国為替証拠金取引)についての良いところは、単独の投資商品であるにもかかわらずお金を掛ける期間を「短期」「中期」「長期」という3つの期間からいずれをセレクトするかということで投入の手だてがまるっきり異なるというところにあると言います。最初に外貨投資の「長期」を見てみよう。長期というのは、一年以上の出資期間を基準にしています。為替レートで一年以上も経過した後の為替相場は円高でしょうか、ないし円安かどうかを連想することはたいてい難問だと思います。ほとんどの場合、「そんなにも後の未来のことは予言できない」と考えるのが本音なのです。考えられないのになんとか予想しようにもそんなことは無謀なものなのです。そういう訳で他の貨幣を買ったと仮定して、その時点での価格よりも円が高くなったとしてもその差損分はいつか円安になるはずだというポジティブな気持ちでやり取りに参加することが大切です。為替の利益をアグレッシブに追いかけることではなく、それ以外の収益それはスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)を大きくすることを、まず一つのゴールと決めてやりましょう。当たり前ですが、ちょっとの間で為替変動のマイナスがかなり膨らむこともあります。よってそんな差損があっても影響の少ないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)をできるだけ少なめでトレードするのが大事です。外国為替証拠金取引は損失が一定金額以上増大してしまうと、追い証が出て来たり、損切りを置く必要があります。ストップロスをすることになったら、その時点で取引をフィニッシュせざるを得なくなり長期の取引がストップしてしまいます。この例のようなリスクを回避するためにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍程度で売買するのが良いと思います。第二に中期のスタンスの場合の取引を見てみましょう。中期投資のケースは、一番長くても2ヶ月くらい経った頃を考慮しての取引を行うのです。為替トレードの時は、約1ヶ月先のことであればおおかた予知可能だと思います。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)を始めとした世界的な会議の議題やマーケットで売買している人たちが何を事柄に関心があるかを見てみれば、いくぶん、見当がつくはずです。こういったファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を見ながらも、グラフをチェックすることによって為替の動向をわかるようになり、取引を判断するのがベストです。基本的に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニックの両方で良い方向であり、あるいは買い傾向が同様の時は、ほぼそのまま動くと思って良いのです。その時は保有高を増やすと一層多くの利益を期待できるのはほぼ間違いないでしょう。第三に短期スタンスのポイント。この短期のスタンスが指しているのは言うなればデイトレのことを言っています。為替で日計り取引を行う場合は、経済の状態は関係ないと断言していいです。次の日の為替レートの変化に、経済情勢は反映されないからです。ここで最大のコツは大規模な行事がある時それにより為替レートが著しく変動する一瞬を見過ごさないよう行動しましょう。たとえばアメリカ合衆国で雇用情勢が発表されるもしくは金融政策等によって制作金利が変わるというような行事。こういった絶好のチャンスに変化を逃してはいけないという理由から、短期のスタンスは技術的な情報が必須になる。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.mdbzaragoza.com All Rights Reserved.